テレボートに新規入会で現金20,000円ゲットのチャンス

テレボートに新規入会で2大特典Get!

<特典1>登録した銀行から5,877名様に賞品が!
<特典2>賞金総額3,000万円キャッシュバック!舟券購入で現金20,000円ゲット!!

特典1・2、WでGETのチャンス!!
【テレボート新規入会Wキャンペーン】に奮ってご応募ください!
※応募締切は11月5日(月)まで!

新規入会Wキャンペーン

今がチャンス!Wキャンペーン!!

特典① 1000円以上の入金で

期間中に会員登録されて指定銀行より抽選で商品をプレゼント

特典② 3000円以上の購入で

期間中に舟券を合計3000円以上購入で、抽選1500名様に2万円をプレゼント

テレボート会員のメリット

入会費・年会費無料!!
加入手続きが早い 5STEP約15分で完了!
モーニングからナイターまで楽しめる
スマートフォン・パソコンから投票可能
100円からレースが楽しめる 入金は1000円から
レースのLIVE・リプレイも無料で見られる!

入会(会員登録)には各提携銀行の銀行講座が必要となります。

キャンペーンに応募する!

応募ボタンを押して、必要事項を入力!
テレボートの銀行口座に入金して舟券を買おう!
特典①は登録した銀行口座よりテレボートへ1000円以上の入金、特典②は3000円以上のテレボートでの舟券購入が条件になります。どちらの条件も満たせば特典①と②をWでゲットのチャンス!

特典②

当選発表 11月20日(火)夕方当サイトで発表予定
特典①の当選発表は振込または発送をもってかえさせていただきます。

ボートレースを楽しくするポイント

Point01 6艇だから狙いやすい!

ボートレースは6艇でレースが行われ、それぞれ番号と色が決められています。6艇しかないので予想がしやすく他の公営競技より的中率が高いのが特徴です。例えば、1着となるボートを当てる「単勝式」なら、的中率は1/6。
1着または2着となるボートを当てる「複勝式」なら、なんと1/3(約3割)という高的中率!

Point02 ボートレーサーは強さでランク付けされている!

約1,600名いるボートレーサーは、その実力に応じてランク付けがされています。
(強い順にA1>A2>B1>B2)
予想の際は選手のランクは要チェックです。

Point03 モーニングからナイターまで毎日楽しめる!

ボートレース場は全国24場にあり、毎日どこかのレース場でレースが開催されているので、モーニングからナイターまで毎日楽しむことができます!

Point04 ボートレース専門誌 マクール監修 レースを選んで賢く投票 モーニング・ナイター

モーニングレースとは?

モーニングレースはレースの進行がデイレースに比べて早い時間帯に行われるのが最大の特徴。デイレースが11時頃~17時頃に行われるのに対し、モーニング場では1Rのスタート展示開始時刻が最速で8時26分、12R発売締切は15時前頃となっている。

モーニングレースを最初に行ったのは2010年7月、ボートレース芦屋だった。公営競技初の試みで、当初は10月までの15節で行う予定だったが、好評につきそのまま継続。2011年2月に徳山、同年4月に唐津が参入し、ほとんど毎日どこかでモーニングレースが行われるようになった。

そして今年、三国と鳴門が新規参入。この2場に関しては、半年ごとに入れ替わり、4月~9月が三国、9月~3月が鳴門でモーニングレースが行われる実質4場体制に。

モーニング場は、デイレースが始まっていない時間帯に企画レースが多く行われる。手堅い当たりを獲ってその日一日を気分良く過ごすか、大本命を蹴って超ド級の大穴を狙うか、あなたはどっち!?

ナイターレースとは?

ナイターレースの進行時間は15時前後から21時前まで。モーニングレースからはしごすれば、朝から晩までレースを楽しむことができる。

ボート界におけるナイターレースは、1997年9月、桐生で産声を上げた。その後、1999年に蒲郡、2004年に若松、2006年に住之江、2009年に丸亀、2017年に下関、そして今年の9月23日、大村で7場目となる「発祥地ナイター」がスタートした。

現在では1年中ナイターレースを楽しむことができるが、2000年代前半までは、冬場はデイレースに戻る場が多く、夏の風物詩的な存在でもあった。

初めてナイターでSG競走が開催されたのは2002年の蒲郡。タイトルはモーターボート記念(ボートレースメモリアル)で、優勝者は今垣光太郎。今垣は2年後の同タイトルも制し、ナイターキングとしてファンの間で浸透した。

それから徐々にナイターSGが増え、ついに来年はグランプリが住之江でナイターにて行われる。例年以上に注目を集めそうだ。

[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする