戦国ボート

この競艇予想サイトをチェック

天下に覇を唱えよ!!戦国ボート

★ボートレース初心者の方も安心の完全フルサポート!

★提携情報ルート✕弊社システム解析✕熟練のスタッフによる情報精査

★登録者様限定!レース当日に3連単【厳選】無料買い目を公開!

勝利への心得

なぜ人はボートレースや競馬、競輪といった競技型ギャンブルにどっぷり浸かってしまうの

か。

その答えは極めて単純。

的中した瞬間の興奮と喜びをまた味わいたいと思うからであり、

また何よりも、手元にある大事な資金を増やしたいと思うからである。

そして、あなたは

「できるだけ少ないリスクとお金で・・・」「ドカンと高額配当を」

と思ってはいないだろうか?

しかし、現実はそう甘くはなく、

「当たらない」「どうにか当てなければ」

と不安と焦りだけが増す一方で、資金は減っていくばかり。

そして、これまで誇大広告の情報会社を信じ、買い目を購入するも的中することはなく、

騙されたと我に返り、レース終了後に「やらなきゃ良かった」と何度も後悔を繰り返してはい

ないだろうか?

そもそも、このような競技型ギャンブルにおいて、実際にはどれだけの人間が勝っているのか

ご存じだろうか。

実は、90%以上の人がマイナスとなっているのが現実である。

負ける人の共通点としては、

・手広く買って的中したものの、配当の低いところしか的中せず、結果トリガミ。

・これは「鉄板だ!」「負けようがない!」と厚めに購入するも、ヒモ抜けで不的中。

・勝負レースの判断ができずに、手当たり次第レースに手を出してしまう。

・負けを一発で取り返そうと、購入金額を厚めに設定してしまう。

・自分にルールを課しても、何度か不的中が続けば、すぐにダメだと判断しやめてしまう。

このようなことになってはいないだろうか?

特に昨今では、競技型ギャンブルにおける情報サイトが増え続けており、言葉巧みに騙されて

は、在りもしない情報を買い続け、

大事な資金が、どんどん溶かされていってしまったという方が多く存在している。

弊社会員様の中にも、何社もの競馬や競艇の情報サイトで情報を購入しては不的中ばかりで大

事なお金を失ってしまったという方がおられるのも事実。

心当たりのある方は一刻も早く気付くべきではないだろうか。

「そのような“裏情報”は存在しない」ということに。

そのような情報が本物であるとするならば、なぜ儲けられていないのか。ましてや、ほぼ的中

すらしないのはなぜなのか。

もう一度冷静になって考えてみてほしい。

そして今のやり方で、失ったお金を取り戻すことは本当に可能なのか?、赤字が膨らむ一方で

はないのか?、この機会によく考えて頂きたい。

中には「ここで止めてしまったら、負けを取り戻せない」と思い、止める決断ができない方も

おられるだろう。

今、これをお読みになっている方は、この瞬間が重要なターニングポイントであると捉えてほ

しい。

もし「見応えのあるレースを堪能できればそれでいい」、「儲けだけが全てではない」と思わ

れた方は、この先お読み頂く必要はありません。

しかし、「的中を手にしたい」、「勝ち組になりたい」と思われた方は、このまま最後までお

読み下さい。

我々は、的中・不的中を繰り返しながら、10%未満と言われる勝ち組に導くためのサポートを

させて頂いています。

「このレースに参加すれば間違いなく高配当が取れます」、「このレースで帯封を獲得を狙い

ます」といったような非現実的なことは申しません。

このような非現実的な煽りによって、これまでに損害を被られてきた方が大半ではないだろう

か。

何回、何十回参加しても、プラス収支にはならず、むしろ赤字が膨らんでいくだけ。もはや

1、2回高配当を獲ったところで、プラス転換までには程遠く、

またそこから、赤字を積み重ねていく、これこそが「競技型ギャンブル」をやる人の典型的な

負けパターンとなっているはず。

ボートレースにおいて、負け続けるということは、勝負すべきレースがまるで見えていないと

同時に、

しっかりとした資金マネジメントができていないということに尽きるのではないだろうか。

予め勝算の高いレースだけを選択することで、勝率を向上させることは可能であるし、勝利を

積み重ねることによって、必然と資金も増えていく。

「競艇は競馬よりも的中しやすい」と謳う情報サイトもあるが、それを全て鵜呑みにすること

は危険であると認識頂きたい。

確かに、競馬においては最大18頭の出走馬でレースが行われ、その場合の3連単の的中確率は

4896分の1になるのに対し、

競艇では常に6艇でのレースとなるので、3連単の的中確率は単純に120分の1となるわけであ

る。

ここだけを比較すれば、“競艇のほうが当てやすい”と思ってしまう方も多いと思うが、

競艇をやったことのある方であれば分かるかと思うが、ハッキリ言って簡単に当たるものでは

ないということは認識頂きたい。

そもそも簡単に当たるのであれば、9割の負け組は存在しないはず。

そもそも競馬と競艇では競技の性質が違うにも関わらず、その点が無視されがちなのである。

120通りのボートレースに対し、最大4896通りにもなる競馬とでは人気薄の絡みで配当金のケ

タが違ってくるのは至極当然のこと。

つまり配当金が違うということは、ボートレースと競馬では同じ買い目点数では購入できない

ということであり、ここが重要な部分である。

“ボートレース=当てやすい”という謳い文句は、「6艇=買い目点数が競馬よりも少ない」と

いう点を言っているだけである。

また競馬では圧倒的1番人気馬に対し、「悪くても2着」と期待するのは、ごく普通のことであ

るが、ボートレースではそうはいかない。

“イン有利”といわれるボートレースにおいて、1コースの勝率は50%よりやや少ない程度であ

るが、万が一にも1コースが勝てない展開となった場合、

2着も危なくなるのがボートレースの性質。

「イン有利」「イン絶対」「イン必勝」などといわれるボートレースにおいて、1コースの勝

率は50%程度。

それを言い返せば半分以上負けているということである。

つまり、1コースを1着固定しにした舟券の場合、その時点で的中する確率は「50%未満」、ま

たそこから相手(紐)の関係で、さらに的中する確率は落ちるのである。

ボートレースにおいて、単に当てやすいと錯覚している方はよく理解しておいてほしい。

ギャンブルや投資を行う上で、重要視しなければならないことは共通して決まっている。

重要なことは、「的中率<回収率」だということである。

競技型ギャンブルをやっている方の多くは、「当たった」「ハズれた」という点に意識を奪わ

れがちであるが、

最も重要視しなければならないのは、「回収率」である。

的中率がどんなによくても、結果トリガミであれば回収率はマイナスなのである。

ただし、回収率が100%を超えていたとしても、一発大穴狙いの買い目ばかりだとすれば、そ

れも話にならない。

それは一時的に、回収率がプラスに振れるだけであって、長期的に見た場合の回収率は不安定

なものになるだろう。

これまでボートレースに限らず、競馬といった競技型ギャンブルの情報サイトを利用したこと

がある方はよくお分かりのはず。

いかなる高額配当的中を謳った情報においても、参加した途端に不的中で終わるという現実を

味わってきたはずだ。

求めれるのは安定した回収率の維持向上なのである。

それには当然のことながら一定以上の「的中率」も伴わなければクリアできないのである。

弊社は安定した回収率を維持向上させるために、的中率も重要視している。

不的中が多いと、それだけ会員様へ掛かるストレスが大きくなっていくため、我々は会員様の

ストレスの面においても、

きちんと配慮しなければならないからである。

弊社ではあらゆる角度からレース分析し、獲れる確率が高いレースのみを抜粋し、回収率まで

考慮させて頂いた上でご提供させて頂く、これが戦国ボートの提供スタイル。これまでのボー

トレースに対する価値観、そして競技型ギャンブルに対する向き合い方が変われば、今まで負

け続けてきたという方もこれまでの結果とは全く違うものとなる。 我々は、「勝ちたい」とい

う気持ちのある会員様お一人お一人を全力でサポートいたします。

必ずお読み下さい

当サイトをご利用になられる会員様の目的が「提供された情報で勝つこと」であると我々も

重々理解しています。

その目的を達成するために、当サイトでは提携先の情報元から有益な情報を入手し、

弊社解析システムや弊社スタッフが精査に精査を重ねた情報を会員様に配信しております。

適当に予想して勝ち続けられるほど、ボートレースは甘くはありません。

これはボートレースに限らず、競馬、競輪、オートレースといった全ての競技型ギャンブルに

共通していることです。

昨今の競技型ギャンブルにおいては、圧倒的な人口割合を占める競馬からボートレースに転向

してくる傾向があるのも事実ですが、

弊社にご登録される会員様の中にも、そのような会員様は少なくありません。

「競馬はなかなか当たらない。ボートのほうが買い目点数も少ないし、当たりそう」

「競馬で負けた分をボートで取り返したい」

入会時にこのようなコメントを頂くことがありますが、競馬とボートレースは、同じ競技型

ギャンブルでありながら、その性質は全く異なるものです。

一般的に「競馬=当たりにくい/競艇=当たりやすい」と、このような印象を持たれがちです

が、決してそうではありません。

競馬では3連単での買い目点数が何十点にもなりますが、競艇では3連単2点~6点で的中を狙い

ます。

買い目点数を極限まで絞ることで、リターンも大きくなりますが、それ以上にレースにおける

展開予想や事前の選手、

エンジンの気配、天候まで細かいチェックと分析が必要となります。

ここまで精査した上で、期待値の高いレースを配信させて頂いております。

それでもスタートでの出遅れ、フライング、転覆、落水等の想定外の事象が起こりますボート

レースにおきまして、

全レース100%の的中のお約束は出来かねますこともご理解下さい。

弊社も日々配信全レース的中を目標に掲げ、会員様に買い目を公開しておりますが、不的中と

なるレースも中にはございます。

そのため弊社では、各提供情報ごとに「月間想定獲得純利益」を設定させて頂いております。

不的中となるレースがあったとしても、「月間想定獲得純利益」を超える舟券収益を会員様に

お届けさせて頂くよう運営させて頂いておりますので、

会員様におかれましても「その日を勝つ」ということはもちろん重要ですが、「トータルで勝

つ」という意識を身に付けて下さい。

「トータルで勝つ」という意識が、ボートレースのみならず、その他のギャンブルを含めて安

定した結果をもたらす一つの重要な要素でありますので、

その意識を持たれて勝負頂く会員様には、当サイトが全力でサポートさせて頂きます。

この競艇予想サイトをチェック

商号 株式会社グローバルネクスト
所在地 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目61番3号
電話番号 050-3716-8166
代表者名 中原 和彦
サイトURL http://boat-battle.com/
[PR]
無料情報の的中情報

無料情報の的中情報

無料情報で結果が出た内容を報告します。

最近、評判が良いと噂のボートマスターズの的中報告です。

もらった無料コースの内容がこちら

無料で提供している情報でこんなにも稼げるの!?結果がこちら!

5-3-6の3連単的中で想像以上の配当をゲットしました。

配当金が8910円で1点1000円だったので89100円の回収となりました。

8000円→89100円

回収率が1000%以上と無料情報なのにこの結果!!大満足!

この結果だと3回に1回の成功でどんどん稼げていきますね。評判では2回に1回の的中があり、的中率は50%以上あると言われています。

登録から無料買い目の確認まで一切費用がかかりませんので、一度試してみてください。

↓ボートマスターズの無料登録はこちらから↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. イナカー より:

    やっぱ戦国ボートといったら土日使ってのコロガシ系だと改めて痛感したね。2連単2点のコロガシで25万は最高でしょw

  2. ゴマ男 より:

    昨日は記者鬼張りで大正解だったなーG1天下は失敗してたし…32万ゴチっす。

  3. 競艇女子 より:

    流石に二日連続帯封って訳にはいかなかったけどそれでも昨日のウルトラコロガシもバッチリ決まったねー!これで日曜月曜合わせて140万円弱。これはヤバイわw

  4. 競艇女子 より:

    日曜は久しぶりにトリプルコロガシ外れましたね…2レース目は的中しただけにかなり悔しい結果でした。大奥も完全に失敗してましたし記者系だけ良かった感じでした。

  5. 競艇女子 より:

    天下も大奥もないし今週末はトリコロ安定かね。なんなら2コースコロガシのキャンペーンより勝率良いんだから謎いよなトリコロ。

  6. 競艇女子 より:

    今日はとりあえず平和島G1最終日の天下統一にエントリー!あとは当たるのを待つばかり…

  7. 競艇女子 より:

    天下はナイター開催の近畿と中国の選手権提供か。なんか珍しいパターンだなー。
    先週良くなかったしどっちかっていうとトリプルコロガシ狙いの方が良いかも?

  8. 競艇女子 より:

    今週末は丁度G1が色んなとこで開催してるから特別プラン系がG1レース一色になる気がして凄い楽しみ(笑)
    天下統一にするか記者鬼張りにするかそれとも日コースであえて攻めるか…

  9. 競艇女子 より:

    江戸川大賞の優勝戦に合わせて平日に天下統一出てたの!?週末しか出ないもんだと思ってたから完全に油断してた…参加したかったなー!

  10. 競艇女子 より:

    日曜の特別プラン、全体的にかなり的中してたのによりによって倍額指定まで付いた統括責任者プランで外すとは…戦国ボート的にもあれはかなり手痛い結果だっただろうなあw