競艇選手のお仕事全貌!ボートレーサーはどんな一日を過ごすの?①開催前日

競艇選手(ボートレーサー)の1日

開催初日(前検日)の1日

まず、10:30までに競艇場に行く必要があります。

無届欠場・遅刻は前検遅参となり、あっせん停止のペナルティーがあります。

競艇場への移動

基本的に電車や新幹線を利用して移動します。

選手同士で一緒に移動することが多いようです。

移動費は賞金に含まれているので何を利用しても特に問題ありませんが、公共交通機関以外で

移動した際の遅刻の場合はペナルティーが課せられる為です!

私物検査を受ける

私物検査受付をして、携帯などを預けます。

レース期間中は競艇選手は外部と連絡出来る機器を手放さなくてはなりません。

選手ミーティング・ボートとモーターの抽選会

主催者からレースの注意事項を聞き、乗艇するボートとモーターの抽選会を行います。

飲食について

朝食は決まった時間に選手が食堂に集まって一斉に摂る事になりますが、ナイターの

場合夕食は各自で摂る事も。代金は賞金からの天引き精算されるようです。

レース期間中アルコール摂取はご法度です。

入浴について

お風呂の時間も男女、その他でしっかり決められています。

宿泊する部屋について

選手は競艇場が用意した専用のバスに乗って選手用の宿舎に向かいます。

個人部屋・ホテルのツインルームのような部屋・大部屋など競艇場によって部屋は様々。

基本的に自由に過ごして大丈夫ですが、外部との連絡は一切禁止です。

モーター整備・試走

整備場でモーター・プロペラのチェック、エンジン調整を行います。

調整が済んだら試走することも出来ますが、あまり長時間は行えないようです。

タイム測定

走行した時のタイムを測ります。競艇を投票・予想する人のために測定したタイムは

マスコミに報道されます。

測定したタイムによっては、翌日からのレースに出場できないこともあります。

[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする